毒親の呪縛を断ち切って自立するには?




こんにちは、鈴木です。

「どうやってここを見つけてくださったんですか?」

私はカウンセリングやセミナーに来てくださった方に、
初めによくこの質問をさせて頂きます。

そうすると、ほとんどの方が
ホームページを観て・・と答えてくれます。

グーグルやヤフーなどで、何か情報を調べていた。

調べているうちに、鈴木のホームページを見つけた。

ホームページの文章を読んで、共感できた。

そこで、予約申し込みをしてくださったり、
メールマガジンを読んでから申込んでくださったり・・

そういう方がほとんどでした。

そんな私のホームページは2001年から、実はありました。

そのホームページの中で、10年以上、
ずっとアクセスが1日100前後あるページがあります。

そのうちの一つが、このページです。
↓   ↓   ↓
娘の幸せに嫉妬する母親の心理

このページはずっとアクセスが多いんですよ。

ということは、この問題で悩んでいる女性が
とても多いんだということになります。

先日、NHKでこうしたテーマをドラマ化したものがありました。

斉藤由貴さん、波留さんが、親子役で演じておられたようです。

このドラマ、ものすごい反響があったとか。

どういう反響かというと、番組の公式ページの掲示板に
「私も悩んでました」という書き込みが殺到したそうです。

「悩んでいるのは、自分だけじゃなかったと思えた」
という書き込みも多く見られました。

こうした悩みを抱える人は、潜在的にたくさんいます。

でも、表立って話したり、友達などに気軽には相談できない悩みです。

だから、結果として一人で抱え込んでしまいがち。

一人で抱えることで、悩みが深まることもありますね。

では、親に恵まれなかったな・・と思うとき、
いったいどうやって生きていけばいいのでしょうか?

選ぶ選択肢は3つです。

一つは、だからこそ自分は自立して、
自分の人生を生きるという選択。

もう一つは、親の言いなりになったり、
親を責める人生を生きるという選択。

三つめは、親ではなく「だから自分はもうダメだ」と、
自分を責めて生きていくという選択です。

先ず、どの選択をするのか?

どの道をあなたが選ぶのか・・ということになります。

そして、いずれかの選択肢を選んだとしたら、
選んだ選択の先にある道を歩むことになります。

どの道を歩んでいくのかは、
どの道を選ぶのかで決まります。

どういう人生を生きていくのかは、
どういう人生を生きることを選ぶのかで決まります。

私としては、やっぱり一つ目の選択肢がおススメです。

そう「だからこそ自分は自立して、
自分の人生を生きるという選択」ですね。

ポイントは「親を反面教師にする」ということです。

「親はこうだったから、私はそういう生き方はしない」というものです。

そして、より良い生き方を選び、
より良い自分になる生き方を選びます。

この選択をすれば、最終的に自分が一番得します。

ただ、親子というのは、そうそう単純なものではありません。

ただ、親を突き放せばいいというわけでもなく、
ただ親と違うことをすればいい
(反発すればいい)というわけでもありません。

反面教師も、そこに余計な感情が入ってしまうと失敗します。

大切なのは、自分の人生は自分で選ぶってことです。

自分がどう生きていきたいのかを、
改めて一から、いえ、ゼロから考えましょう。

そのために、必要なことは勉強すればいいし、
信頼できる人の力も借りたらいいんです。

精神的に自立する。

まず、そういう道を選びましょう。

その上で、親といかに付き合っていくかを考えます。

適度な距離感を保って付き合うとか、
一時的に連絡を絶つとか、いろいろあります。

それは私も、一律にアドバイスできるわけではないんです。

カウンセリングの中で、じっくりと話し合って決まります。

こういう問題と向き合うとき、
先ずは一旦「一人で生きていく」という気持ちが必要です。

それは「精神的に自立する」ためには、
ぜひとも必要な捉え方です。

しかし、これは「孤独になる」ということとは違います。

言葉でいえば、孤独ではなく「孤高」ですね。

一人ぼっちになるのではなく、
一人で生きていくということです。

一人で生きていくというのは、
自分の面倒は自分でしっかり見るということです。

自分はこういう人間になろう。

そのために、自分はこう生きていこう。

そういう孤高の精神ですね。

このテーマは、カウンセリングで
すごくたくさん話し合ってきました。

その結果、母親の呪縛から自分を解き放つ過程で、
どうしてもこの「孤高」という意識が必要になります。

母親に何かを求めない、期待しない。

母親ではなく、自分の人生は自分で満たしていく。

はっきりいって、親でも愛情の無い人間はいます。

親だから子どもを愛せるなんて、
そんな保証ってどこにもないんです。

愛せる人間は人を愛せるし、
愛せない人間は人を愛せない。

人を愛せない人間が親になったからといって、
自動的に愛情が製造されるわけじゃないですよね。

愛は動詞だっていう言葉がありますが、
「人を真に愛そう」と思って生きている人が、
やがて人を真に愛せるようになるんです。

愛も受動的な生き方じゃ、得ることもできないし、
人を本当に愛することもできません。

親なんだから子どもを愛せるはずというのは、
幻想にすぎないといってもいいんです。

でもね、自立すると、ほんとにいいことがたくさんあります。

人に感謝できる人間になれたり、
自立心のある人たちに囲まれたり・・・・

本当にいいことがいろいろ起こるようになります。

そして最終的には、
親を反面教師にしたからこそだと気づきます。

カウンセリングを卒業される方は、
「あの親のお陰で今の自分になれた」と仰います。

反面教師は、やっぱり「教師だった」ということなんでしょうね。

「恋愛・結婚・夫婦・家族の幸せが永く続く秘訣」8/9 東京

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上