他人からの評価が気になるとき




こんにちは、鈴木です。

先日の夜、ちょっとこんなことがありました。

仕事の帰宅途中での出来事です。

最寄りの駅から徒歩で帰宅中に、
地元にある大学から、にぎやかな音が聞こえてきました。

太鼓やおはやし、大勢のかけ声。

どうやら学生たちが、舞踊発表のようなことをしているようでした。

学内にある、小高い山の上の広場から聞こえてきたので、
確認できるのは音だけ。

しかし、それが何とも爽やかな、楽しい感じなのです。

私は思わずその場で道路に立ったまま、
その音に10分ほど聴き入ってしまいました。

帰宅して早速、ネットで調べてみると、
そこの芸術学部の学生の発表会をやっていたようです。

私はどうしてもその公演を観たくなり、
問い合わせをして、翌日その発表会を観に行きました。

3つの演目が行われ、合計で1時間ほどでした。

学生たちの情熱、笑顔、元気、真剣さ。

演目の質の高さ、スタッフの動きの見事さ。

私は、その場に参加できたことを、心から感謝しました。

そして、若い学生たちの全力投球を目の当たりにできて、
心の底から感動してしまいました。

夜の9時前に公演は終わりましたが、
その余韻はしばらく冷めることがありませんでした。

「こんな素晴らしい舞台を見せてくれて、ありがとう」

そういう気持ちで一杯で、会場にいる間、
ずっとずっと拍手を送り続けました。

この時、私のこころの中では、何が起きていたのか?

一言でいうと「感動」でした。

そう、学生たちの全力のパフォーマンスに、
こころから感動を覚えていたのです。

その感動の余韻が帰り道にも冷めず、
本当に元気がをもらった感じでした。

そして、この時改めて思いました。

感動体験は、私たちにものすごい力をくれる・・・と。

あなたは最近、なにか「感動体験」をしましたか?

こころが震え、元気が出たという実感を
経験したでしょうか?

日々のやるべきことばかりに追われていると、
私たちのこころは徐々に疲れ、枯れていきます。

気がつくと、いつのまにか気力が萎えていたり、
慢性的な疲労感に襲われているかもしれません。

こういう状態になるのは、一つには
日常生活に感動体験が無いからです。

芸術やドラマ・映画・音楽・ドキュメント。

私たちはこうしたものにふれると、感動することがあります。

ではなぜ、こうしたものにふれると感動するのか?

それは、そこに人間の全力投球の姿、
真剣に生きる姿を感じるからです。

一つの作品を生み出すまでの彼らの努力、葛藤、団結、
そういう心意気を感じ、そこに感動するのだと思います。

そして、人が一生懸命まっすぐに生きている姿に、
私たちは励まされ、勇気をもらいます。

最近話題の人、将棋の棋士である加藤一二三さん。

加藤九段は多くの人から愛されています。

愛される理由は、加藤九段の「キャラ」もあるでしょうが、
もう一つは「全力で将棋に向かう生き方」なんじゃないでしょうか。

将棋は加藤九段にとって人生そのもの。

もっと将棋に勝つことのできる人間になるために、
若い頃クリスチャンの洗礼を受けたほどです。

協会では、5時間も祈り続けることもあるそうです。

一途に、まっすぐに、ひたむきに物事に向かう生き方。

私たちはそういう人間の生きざまに、感動を覚えます。

つまり、そこに私たちの幸せな生き方のヒントがある。

私はそう思うんですね。

一途な、まっすぐな、ひたむきな生き方を目の当たりにした瞬間、
私たちはその生き方に「感動」を覚えます。

ということは、私たち自身がそんな生き方をすることで、
私たち自身も「感動」を覚えるはずです。

自分がしたいこと、正しいという信念をもてること。

そうしたことに自分の力を傾ける。

そういう生き方に、人は感動し、自分も感動できるはずです。

何も世間で評価されるようなことでなくてもいいんです。

会社や世間の評価ほど、もろくて頼りないものはありません。

そんな他人様の評価などよりも、
もっと大切なのは自分が自分に評価できることをする。

自分が自分をどういう人間だと思えるか。

これが生きていく上での拠り所の一つだからです。

自分が人として正しいと信じられることを、
人知れずでもやっていく。

街中でゴミを拾うとか、困っている人に声をかけるとか。

人が見ていないところでの努力とか。

こういう行為が自分に自信を深めてくれます。

人からの評価と関係ないことでも、一生懸命やる。

そういうことをしていると、自分のことを誇らしく思えます。

これが一番自分に自信を与えてくれます。

そして、そういう生き方を続けていくことで、
その生き方が「感動」につながっていきます。

努力、葛藤といった代償を払ったからこそ
得られるのは「感動」だともいえます。

先の学生たちのパフォーマンスは
本当に素晴らしいものでした。

でも、そこまでの彼らの道のりは、
きっと大変なものだったと思います。

何度も失敗し、何度も指導者からダメ出しをされ、
悩み、苦しみ、それでもあきらめなかった。

私が感動したのは、そういう重みを
彼らの舞台からヒシヒシと感じたからです。

舞台が終わり、私たちを見送ってくれた彼らの目から流れる涙に、
そのことが現れていると感じました。

「ありがとう」と言いたくなったのは、
そのことを彼らが身をもって教えてくれたからです。

繰り返しますが、世間様からみて立派かどうかは、
関係ありません。

人と自分を比べるところからは、
正直、何も生み出せないし、何も得られません。

今の自分にできること、
どんな小さなことでもいいと思います。

そういうことを一つ、また一つとやっていく。

その積み重ねがやがて小さな感動になっていく。

その小さな感動の積み重ねがエネルギーになって、
いざという時「がんばろう」と思える。

私自身も学生たちから、そう教わったような気がしました。

「人生を変える雑談スキル」9/9 金沢

「雑談(話し方・聞き方)講座」9/10 富山

「行動にモチベーションは要らない」セミナー9/23 東京

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。
ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓
たった30秒でできる!プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸の講座・セミナー一覧

鈴木雅幸の個別カウンセリング

鈴木雅幸の著書はこちら


以上

雑談、世間話、社交会話を得意にするには?


こんにちは、鈴木です。

先日、18・19日の連休は、
いかがお過ごしでしたでしょうか?

私はグループコンサルティングを行っていました。

グループコンサルティングは新しい試みでしたが、
とても濃く、深いわかち合いが出来ました。

参加者それぞれからお話を伺い、
私が感じたことを細かくお伝えするという形。

そもそも「エンカウンターグループ」実施の予定でしたが、
少人数でしたので、この形に変更しました。

参加者からは、

「心に沁みました」

「何かがたった数時間で大きく動き出しました」

などの感想を頂きました。

そのやり取りの中で、
「雑談」というテーマが出てきました。

14925681_1151842568196234_448094608949432330_n

カウンセリングでもとても多いご相談です。

雑談をどうやっていいかわからないという悩みです。

具体的にはこうです。

・どう話しかければいいのかわからない

・会話がすぐに続かなくなってしまう

・すぐ沈黙になって、居たたまれなくなる

・話している自分がどう思われているか気になる

これはほんの一例ですね。

雑談や世間話が、とにかく苦手でできない。

それで、職場の人間関係や近所づきあいで、
ずっと悩んできていると・・・・・

もしかしたら、このメルマガの読者の中にも

このような問題に悩んでいる人も、
いるかもしれません。

そこで今日のメルマガは、
なぜ雑談で悩むのかについて、考えていきます。

雑談、世間話、いわゆる社交会話ですね。

これがどうにも苦手で、どうしても出来ない。

そう悩んでいる人は、かなりいます。

私のカウンセリングを受けている人の中にも、
かなりの確率で、このような方たちがいます。

では、なぜ雑談が難しくなるのでしょうか?

どうして、話しが続かなくなったりするのでしょうか?

一番の原因。

それは、何らかの原因で
自分に自信を失っていることです。

雑談が苦手という人のほとんどが、
自分に対して「否定的」「悲観的」な捉え方をしています。

しかし、雑談では、その「自分」を
ある程度、相手に出していく必要が出てきます。

自分はどう思っているか?

自分の好きなことは何か?

自分は何に関心があるのか?

自分には今、どんな感情があるか?

つまり、

自分はどんな人間なのか?

これを相手に伝えることに等しいわけです。

もし、自分に自信がなく、
自分を「ダメな人間だ」と捉えていたら・・・・

劣等感をもっていて、
そんな自分を知られたくないと思っていたら・・・・

「こんな自分」を相手が知って、
もし、失望でもされたらと思ったら・・・・

当然、自分を出すことに抵抗を感じます。

そうなれば、雑談そのものが、怖くなってきます。

雑談すらできる能力もない人間だと
そんな風に思われることが怖いわけです。

こんな心理状態だと、雑談する場面になっても、
雑談に集中できなくなってしまいます。

自分をどう見られるかということが気になって、
相手の話が耳に入ってこないのです。

会話というのは、
主に次も3つ要素から成ります。

1)言葉・表現

2)流れ

3)内容

これら3つの要素をしっかりとインプットすることで、
相手が何を伝えたいかをキャッチしていきます。

ところが、

相手から自分はどう見られているかが気になると、
こうした要素をほとんどインプットできません。

どう思われるかばかり気になって、
言葉・表現、流れ、内容が頭に入ってこなくなります。

インプットできなければ、
相手が伝えたいこともキャッチできません。

そんな状態では、

こちらがどう言葉をつないだり、
どう言葉を返せばいいかも、わからなくなります。

会話が止まってしまうのは、そのためです。

決してボキャブラリーの問題でも、
時事ネタを知らないせいでもありません。

こういう状態で雑談に臨んでも、

後になってどんな会話をしたか、
あまりしっかり思い出せません。

それは、いろいろなことが気になって、
相手とのやり取りが頭に入っていないからです。

また、よくこんな悩みもお聞きします。

それは、

「ずれた反応をしてしまう」というもの。

自分が何か言葉を発すると、
周りの人が「引いてしまう」とか、

自分の反応に、一瞬「間」が出来てしまうとか・・・

「ズレてるね」と、
面と向かって言われたという人もいます。

これは、その場では笑い話になることもあるでしょうが、
当人にしてみたら、やっぱり悩みます。

こうして雑談ができない経験を重ねていくと、
自分に対しても、ドンドン自信が失われていきます。

そうすると、段々と人を避けるようになります。

そして、そうやって人を避けていく自分に対して
「不甲斐ないな」と思うようになります。

その結果、更に自信が持てなくなり、
更に人を避けるようになり・・・・・

やがて、雑談というより、
人間関係そのものに自信を失います。

そう、この悪循環は、
とても深刻な状況になります。

この悪循環から抜け出すためには、
いったいどうすれば良いのでしょうか?

抜け出すためのポイントは、

「雑談の仕方を学ぶことで、自分にも自信を取り戻す」

これが一番早くて確実な方法です。

カウンセリングを学ぶという方法もありますが、
それだと敷居が高いという方もいるでしょう。

そこまでではない「雑談」「世間話」のレベル。

先ずは、これを
しっかりと出来るようにするための練習の場。

それこそ、あいづちの打ち方、うなづきや、
会話が続くための切り返しの仕方。

集中して話を聞く方法。

そうしたことを練習する場が必要になります。

そして、これは少人数で、きめ細かく
練習するのが一番いいでしょう。

微に入り細にわたり、一緒に取り組んでいく。

そういう「グループコンサルティング」を企画しようと思います。

まだ詳細は決まっていないですが、
できれば年内に「第1回目」を行いたいと思います。

このメルマガ読者の中で、
果たして興味のある方、参加したい方は、
どのくらいいるのでしょう?

先日行ったグループコンサルティングでは、
ぜひ「雑談の練習をしたい」という声があがりました。

雑談の応用範囲って広いんです。

飲み会、交流会、営業の面談など、
本当にいろいろあるんですよね。

学校の保護者同士の会話、
ご近所さんとの立ち話、職場の休み時間。

ランチ、食事会などなど・・・・・

逆にいえば、雑談ができるようになると、
人生の視界がすごく開けてきます。

いろいろな場で、様々な交流が可能です。

職場でも「違った心持ち」で仕事ができます。

仕事そのもののパフォーマンスもあがります。

いずれ、「雑談上手になる」ための
「グループコンサルティング」をやろうと思います。

正式に決まったら、メルマガでお知らせいたします。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

●人生を変えるグループコンサルティング12月17日(土)

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上

対人関係の苦手、ストレスを解消するには?


こんにちは、鈴木です。

グーグルで「対人関係」とググってみます。

すると、「対人関係」と一緒に多く検索されるワードが、
検索結果ページの下の方に表示されます。

さて、どんな検索ワードが表示されたでしょうか?

答は、こんな感じでした。

「対人関係 ストレス」
「対人関係 苦手」
「うつ病 対人関係」

他にもいくつか表示されていました。

総じて前向きなワードは出ていませんでした。

つまり、対人関係で検索する人たちの多くが
悩んでいる状態だということです。

検索する際には、悩んだり困ったりしている。

だから、その「解決法」「対処法」を知りたい。

それで検索しているのです。

1eec6459278125d054f0ea25c0239d31_s

となると、メルマガの内容は、
必然的にこのテーマに。

つまり

「対人関係のストレス、その原因と対処法」

今日はこのテーマとなります。

ここで、ちょっと考えてみましょう。

そもそも、私たちはなぜ、
「対人関係」に悩むのでしょう?

どうして人間関係で困ることが多いのでしょう?

その主な理由は、2つあります。

1)対人関係はままならない

2)対人関係では感情的になりやすい

この2つが主な理由です。

ここから、なぜかを説明します。

1)対人関係はままならない

これは難しい話ではありません。

他人は自分の思い通りにはならない。

だから難しいし、苦労するわけです。

対人関係の悩みのほとんどが、
「思い通りにならない」というものなんです。

会社の上司にこうして欲しい。

夫や妻には、こうはしてほしくない。

子どもがこちらの言うことをきかない。

これは、こちらの思い通りにいかないという悩みです。

別な言い方をすると、
こちらの思い通りにしたい。

そういう思いがあるということです。

自分にもっと優しくしてほしい。

こちらの気持ちを、もっと理解してほしい。

でも、実際はままならない。

だから困るし、悩む。

あなたはいかがですか?

対人関係で悩んだり、困ったこと。

それは、この「思い通りにいかない」であり、
「ままならない」難しさではなかったでしょうか?

2)対人関係では感情的になりやすい

自分はこうあってほしい。

あの人にはこうなってほしくない。

でも、その通りにいかない。

すると、私たちは「感情的」になります。

苛立ち、怒り、悲しみ、悔しさ、
そしてやりきれなさを覚えます。

悩むとは、こうした「感情的な状態」をいいます。

つまり・・・・・・

1)対人関係はままならない

2)対人関係では感情的になりやすい

この2つに対処できれば、
対人関係はずいぶん楽になります。

ストレスも相当に軽減され、
やがて解消されていきます。

では、その対処法とは・・・・・

答は「捉え方」にあります。

対人関係に対する「捉え方」を変えるんです。

例えば

「対人関係はままならないものだ」

「人を変えることは出来ない」

そもそもストレスを感じたり、
悩んでしまう理由。

それは、あなたが無意識に、
次のような「捉え方」を持っているからです。

「あなたは私の思うとおりにしなければならない」

「あなたは、私が望むようにすべきだ」

そんな風には思ってない。

実際は、いろいろ相手のことも考えている。

そう思うかもしれません。

でも、どこかで「思い通りになってほしい」という
無意識の「捉え方」があるはずです。

ここを変えるのは、簡単ではありません。

相当に思い切りと勇気が必要です。

でもね・・・・・・・

捉え方というのは、変えられてしまうと、
ものすご~く「楽」になるんですよね。

精神的にもすごく楽になるし、
対人関係も難しくなくなります。

そもそも「ままならない」と捉えていれば、
ままならない事態にぶつかっても、
それほど感情的にはならないんです。

なぜなら、捉え方と一致した現象だからです。

あなたがもし、英語が全然話せないとします。

目の前に英語しか話せない人がいたとします。

少なくとも、日本語を話せる人と同じような
意志の疎通って求めないですよね。

そもそも「ままならない」のが当たり前。

そう思っていれば、ストレスも小さくて済む。

何よりも、「ままならない」ものだと思っているので
「ではどうすればいいか」と考えられます。

「なんでままならないんだ!」と、
感情的にはなりにくい。

「ままならない」ことを受け容れた上で、
冷静に対処法などを考えます。

ままならないことが「当たり前」になるわけです。

だからとても楽になれるわけですね。

確かに、捉え方を変えるには、
相当に「思い切り」は必要です。

180度の転換といえますからね。

でも、意外に思い切ってしまえれば、
「そんなに難しくなかった」となるんですね。

捉え方が変わると、対人関係ってほんと、楽です。

悩む場面が驚くほど減るんです。

そして、いろいろな場面で
冷静に対処出来ている自分を実感します。

この実感は、大きな自信と、
精神的な安定感につながります。

すると、さらに捉え方の引き出しも増え、
さらに自信と安定感を覚えます。

何でもそうだと思うんですが、
物事には必ず限界というものがあります。

その限界を予め受け容れておけば、
対処法には限界がなくなります。

限界を受け容れることで、限界がなくなる。

対人関係も、ままならないもの。

だから、ままならない状況に陥っても、
そこに「限界」はないんです。

「限界だ」と思えば、別の捉え方に移行すればいい。

すると、視界がグッと開けていきます。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

追伸:

11月12日(土)に、
対人関係、感情のコントロール、
幸せな生き方を同時に学べるセミナーを開催します。

また、12月10日(土)には、
心理カウンセラーの阿部文歌さんと、

「恋愛」「婚活」「夫婦」といったテーマの
コラボセミナーを開催予定です。

こうしたテーマについてより深く知りたいという方、
参加してみたいという方は、
スケジュールを空けておいてくださいね。

以上