どうしても許せない人がいるあなたへ




こんにちは、鈴木です。

私たちは、いつも調子が良いとは限りません。

時には、やることなすこと、上手くいかなかったり、
いくつものトラブルが同時に起きたり・・・・

あなたにもそうした経験が、
今までにありませんでしたか?

スポーツ選手でいえば、スランプがそうですね。

何をやっても、思うように結果が出ない。

それどころか、今まで当たり前にやれていたことすら、
全く上手くできなくなってしまう。

そのうち、ケガなどの故障が発生したり、
登録抹消などの問題にも直面したり・・・・

私たちの例でいえば、仕事や人間関係で
やはり同じような事態にぶつかることがあります。

仕事も人間関係も、いつも順調にいってくれれば、
こんなに楽なことはありません。

しかし、思うようにいかなくなった時こそ、
私たちは真価が問われるところがあります。

先に書いた悪天候下での判断と同じです。

交通がマヒした際に、どうすればいいのか?

悪天候に際し、どんな対策や行動を取ればいいのか?

仕事や人間関係など、
ものごとが思うようにいかないとき。

私たちはどうしても、
イライラしたり、落ち込みます。

つまり、感情的になって、
冷静な判断ができなくなります。

感情的になると、視野が狭くなりがちです。

だから、自分の身に起きている事を
正確に見据えることが、
どうしても出来なくなります。

カウンセリングでも、多くの人たちが
狭い視野の中で苦しんでいるケースが目立ちます。

だから、カウンセリングで感情が落ち着いてくると、
自然に視野が広がる(戻る)ので、
いろいろなことに気づきが生まれてきます。

こうした気づきを経験することで、
更に感情が落ち着き、視野が広がります。

この好循環に入っていけば、
カウンセリングに通えば通うほど、
状態(や状況)が良くなっていくわけです。

逆にいえば、この段階にたどり着くまでが、
一つの踏ん張りどころといえます。

以前「仕事で裏切られた」という経験によって、
そのトラウマに苦しんでいる方が
カウンセリングに来られました。

40代のHさん(男性)です。

心の中に「許せない相手」や、
「許せない出来事」がある。

こういう時は、本当に苦しい感情に苛まれるものです。

許せないという感情は怒りの感情です。

誰かを責めずにはいられない。

これは苦しいことなのです。

そして、そういう自分をもまた、
責めてしまうことが多いです。

人を許せない自分、
そういう自分が嫌だなと思うんです。

つまり、自分自身をも許せていない状態。

こうした感情の状態がずっと続くわけですから、
何をするにも苦しさがつきまといます。

Hさんも、こうした感情に苦しみ続けてきました。

しかし、どうにも自分の努力だけでは解決できない。

そこで専門家の力を借りたいと
カウンセリングに来られたのです。

カウンセリングに通っていくうちに、
Hさんは思いもよらぬことに気づきます。

それは、自分が

「許せないという感情は、
人間が抱いてはいけない感情だ」

「許せないという感情は、
決して抱いてはいけない感情だ」

と捉えていたことです。

そのことに気づいたと同時に、
Hさんは、もう一つのことに気づきます。

「許せないと思ってもいいのではないか?」

「許せないという感情も、
人間の自然な感情なんじゃないか?」

Hさんは自然と自分の許せないという感情を
受け容れるようになっていきました。

許せないという気持ちがあってもしょうがない。

ならば、今はこの
「許せない」という気持ちと共に生きていこう。

そうすると、Hさんの精神状態が大きく変化しました。

「許せない気持ちを抱く自分」を「許した」ことで、
ものすごく気持ちが楽になったというのです。

その結果、過去に対する気持ちにも
少しずつ変化が出てきました。

許せないという気持ち一色だったその相手や出来事に対し、
もっと幅の広い捉え方が出てきたのだそうです。

そして、Hさんは、最後の面談でこう言って
カウンセリングを卒業されました。

「裏切られたことそのものは、今も辛く悲しいことです。

でも、あの経験やこの苦しみがあったからこそ、
今の自分があると思えます。」

「この経験があって良かったとさえ、今は思える。

過去のあの出来事に、一方で感謝の気持ちすら覚えます」

自分で認めたくない感情を
もう一度、丁寧に見つめ直していく。

すると、これほどの変化を経験することもあります。

思うようにいかない状況をどう捉えるのか?

交通網がマヒしたとき、
過去のトラウマに向き合うとき。

何かを捉え直すことで、
新しい心境や道が見つかるかもしれませんね。

追伸:

こうした内容の記事を、メルマガでお届けします。

あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

鈴木雅幸のメルマガに登録する

そして、こちらも大好評↓

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

鈴木雅幸の著書はこちら

以上

怒りの感情コントロールに大切なこと


こんにちは、鈴木です。

人間というのは、精神が荒んでいくと、
狂気に走ることもあります。

だからこそ、自分の精神を荒ませずに、
日々、向き合っていくことが必要になります。

怒りの感情というのは、物事を破壊します。

人の心を傷つけ、自分の心も傷つけます。

やがてそれは憎しみに変わり、狂気へと人を駆り立てます。

bigstock-Very-angry-woman-19666925

日々のストレス、思うようにいかないこと。

そういったことは、私たちの日常ではいろいろあります。

思うようにいかない時こそ、私たちの精神が試されます。

「日常生活が一番の修行です」

ある住職が、そう言っていたと本に書いてありました。

山に籠ったり、滝に打たれたり、歩き続けたり・・・・

それはそれで、一つの経験として学びがあるでしょう。

しかし、最も厳しい修行は、日常の人間関係だったり、
思うようにいかない状況だったりします。

日常で起こる様々な問題を真正面から受け止め、
日々解決しようと生きていくこと。

私は、これこそが最も私たちを
成長させてくれるものだと思っています。

だから、日々のストレスや問題って、辛いですよね。

なんで自分の言うことをわかってもらえないのか?

どうして私がこんな目に遭わなきゃならないのか?

そんな経験、きっとあると思います。

だからこそ、それは私たちにとって、
難行であり、苦行です。

私は、人の悩みに大・小はないと思っています。

道端でつまづいたという事実が、
その人にとって人生の一大事だと思えば、
それはその人にとっての最大の悩みです。

道端でつまづいたという事実だけ見て判断すると、
それは「大したことじゃない」となります。

でも、その人にとってみれば・・・
というのが大事だと思っています。

人は、自分の苦しみを理解されたら、
立ち上がる力が微かに湧いてくるものです。

わかってもらえたという経験が積み重なれば、
人を再び信じることが出来るようにもなり、
やがてそれは大きな力にもなりえます。

狂気に走る人間には、確かにその人間の弱さもあります。

狂気(という行為)そのものは、
断じて許されるものではありません。

しかし、世の中には、もう少し理解さえ得られれば、
救われたり、立ち直れる人がいることも事実。

そんな他者との関わりも経験しつつ、
思うようにいかない日常から学ぶ。

これが一番の修行になるように思います。

大阿闍梨と言われた、故、酒井雄哉氏。

最も過酷と言われる千日回峰行を2回も経験しました。

その酒井氏も、

「2回やったからって、別に何も変わらない」

と証言しています。

もちろん、これは、修行が無意味ってことじゃないですよね。

日常生活に根を下ろしてこその修行。

そう言わんとしているのではないでしょうか?

だから、日々、私たちは苦労してますよね。

鈴木さんは悩みなんかないでしょ?て思われがちです。

何を言ってるんですか(笑)

私だって、日々、悩んでいますよ。

みんな悩んで、苦労して、何かを掴みます。

その営みだけは、どうか放棄しないでほしいんです。

もし、完全に放棄してしまったら、
怒りに任せて狂気に走ってしまうかもしれない。

それでは、何のために生まれて、生きてきたのか・・・・・

幸せになるためには、とにかく学ぶことです。

自分に足りなかった引き出しを、一つでも多く増やそう。

耳の痛い言葉にこそ、自分の学びがある。

そういう捉え方の引き出しを増やすこと。

幸せになるには、これに尽きます。

お金をたくさん得る。

大きな成果を上げ、賞賛される。

それは、気分がいいことだけど、
本質的な幸せに私たちを導いてはくれません。

どうせお金を得たり、賞賛されるなら、
そこに「学び」があった方が、後に残りものが出てきます。

それは、その後、お金や地位を失っても残るものです。

なんでそんなことが言えるか?

それは、そういった経緯を踏んだ人たちとも、
カウンセリングをさせて頂いてきたからです。

彼らは、何が一番自分にとって大切なのかを、
身を以て知ることになったのです。

思うようにいかなくなった時こそ、
最も深い学びの経験のチャンスです。

その時は、辛いし苦しいし、自暴自棄にもなります。

それでも、人間って、どこかあきらめきれないものです。

やがて、そこから何かに気づきます。

気づくことで、何かを学び取ります。

そして、クライエントの皆さんは、最後にはこうおっしゃいます。

「この苦しみのお陰で、ここまで来れました」

幸せは、その峰の向こうにあるのかもしれません。

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、
人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上