「失敗が怖い」を克服する方法


こんにちは、鈴木です。

感情が乱れた。

落ち着くにはどうすればいいのか?

日常生活で、これは切実な問題です。

落ちこんだり、腹が立ったり、絶望的になったり・・・

これは、私たちが感情的になっている状態です。

つまり、感情が乱れているということ。

悔しくて涙が出たり、怖くて震えてしまったり。

これも感情が乱れている状態です。

こういう時、私たちはかなりのストレスを感じます。

これでは、落ち着いてモノを考えたり、
冷静な判断ができません。

感情的なままでいると、物事が上手くできないわけです。

失敗も続きますし、人間関係も上手くいきません。

感情的な相手には、誰でも困惑するからです。

パニック。

これも感情が著しく乱れた状態。

「怖い」という感情が膨れ上がり、
心拍数が急上昇し、冷や汗や涙が出たりします。

こうした状態で「落ち着こう」と思っても、
なかなか落ち着けるものではありません。

こういうとき、何よりも必要なこと。

それは

「冷静になること」

ですよね。

落ち着いて状況判断ができること。

落ち着いて前向きな選択ができること。

冷静になることで、
困難な状況を切り抜けていけます。

では、冷静になるには、どうすればよいのでしょう?

ここで「どうすればよいのか?」と考え始める。

実はそこに「落とし穴」があるんですね。

考えてはダメなの?

いえいえ、考えること自体は間違ってません。

問題なのは、考え方です。

つまり「どうすればいいか?」の前に、
「なぜ感情的になっているか?」を、先に考える。

そうでないと、どうすればいいかも浮かばないのです。

むりやり考えてやってみたところで、
上手くいかないはずですしね。

なぜ、自分は感情的になっているのか?

こんなに辛く、悲しく、怖いのはなぜか?

そこを、それこそ「冷静に」考えてみます。

すると、そこには感情的になる「捉え方」があることがわかります。

感情が乱れるような捉え方を、自分自身がしているのです。

それも「無意識に」しているのですね。

例えば、対人恐怖的なケース。

人に対して「怖い」という感情が起きる。

それは「人は自分に危害を加える存在だ」
という捉え方があるからです。

自分にとって、他人の存在が「脅威である」と捉えている。

だから「防衛体制」が発動し、緊張状態に陥る。

結果、身構えたり、心を閉ざしたりして、
人をどこかで避けてしまうのです。

厄介なのは、これが「無意識」であること。

自分でも気づかないところで「怖い」と思っているわけです。

その「怖い」の背後には、
人は自分を・・という捉え方があります。

この捉え方。

変わったり、違う捉え方も出来るようになると、
その時起きる感情や感情の状態も変わります。

「人は自分に危害を加える」⇒「中には、危害を加えない人もいる」

「中には危害を加えない人もいる」⇒「こういう人は、危害を加えない」

このように、一度、自分の捉え方に気づくと、
徐々に捉え方の幅が広がります。

幅が広がることで、より「見極め」が出来るようにもなります。

こういう変化が起きれば起きるほど、感情的になりにくくなる。

冷静に相手を見極められるので、
落ち着いていられるようになります。

人に対する苦手意識も和らぎますね。

もちろんこれは、人間関係だけの話ではありません。

仕事や日常の困難な状況でも、同じことがいえます。

落ち着いて状況を観察し、冷静に判断する。

そうすれば、困難を切り抜けていきやすくなります。

状況によっては、「今は何もできない」という判断もありです。

状況が落ち着くのを、しばらく待つしかない。

今はもう少し様子を見るしかない。

そういう判断が一番賢明なときもあります。

それは一見、消極的な判断に思えるかもしれません。

しかし、状況が動いていく中で、できる事が見つかれば行動する。

実は、そういう積極的な判断だともいえるんです。

いずれにしても、感情が乱れたのには、原因がある。

その原因は、自分の無意識の捉え方。

捉え方の幅が出てくれば、
より落ち着いて対処できるようになります

「失敗なんて、自分の人生ではあってはならない」

そういう捉え方が無意識にあると、
失敗するたびに激しく落ち込みます。

自分はダメな人間だ。

もうおしまいだ。

そういう結論になりやすい。

だから消極的になったり無気力になったりします。

「失敗したら、学べ、成長できる」

こういう捉え方がある人は、実際にいます。

この捉え方が働けば、落ち込む時間も短いでしょう。

「なぜ失敗したか?」⇒「ではこうすればどうだろう」

こういった思考回路が働くからなんですね。

私たちは無意識に、いろいろなことを考え、
いろいろな感情を起こしているものです。

それは、背景に自己流の捉え方を持っているから。

だから捉え方を建設的、現実的なものに変える。

そうすれば、より前向きに人生を生きていけるのです。

カウンセリングでは、
このプロセスを無理なく出来るようにしていきます。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上