有名人の不祥事をどう捉えるか

こんにちは、鈴木です。

スポーツ選手や有名人の不祥事が
相次いで取り上げられていますね。

ドラッグであったり、ギャンブルであったり、不貞行為であったりなど、
倫理観に欠ける行動を重ねてしまって、問題になっています。

こうした問題が起きる背景には、やはりメンタルの問題が見え隠れします。

この場合のメンタルの問題は、次の2つに分けられます。

1)挫折感、焦燥感からの問題行動

2)チヤホヤされて傲慢になるところからの問題行動

それぞれについて説明します。

1)挫折感、焦燥感からの問題行動

仕事や競技生活の中で、結果が思うようにいかないことによる焦燥感です。

期待された通りに結果を出せないことによるプレッシャーから、
そのストレスが鬱積していきます。

また、ケガや病気などによる挫折感。

これも、心が折れてしまうことにつながりやすい。

その結果、やはり人間というのは、
こうした挫折感、焦燥感から、問題行動に走るところがあるわけです。

例えばギャンブル依存、ドラッグ依存などですね。

挫折して、自暴自棄になることで、
手を出してはいけないことに手を染めてしまうわけです。

2)チヤホヤされて傲慢になるところからの問題行動

社会的地位が上がっていったり、周囲の評価が上がっていく。

金銭的に急に裕福になる。有名になる。

そのことによって、人間はやはり気持ちが大きくなります。

その結果、社会的に問題のあることや、
倫理観に欠ける行動を平気でやれてしまうようになります。

例えばお金の不祥事や、不倫などの問題ですね。

さて、これらはそうした問題を犯してしまった人間だけの
特殊な問題だ・・・とはいいきれないと私は思っています。

精神的に追い込まれたら、誰もがそのリスクがある。

そういっても、決して過言ではないと思うのです。

特に心理カウンセラーという仕事をしていると、
心理的な問題を抱えた方ともカウンセリングをします。

そこでは、人間の様々な一面を垣間見ることになります。

もちろん、素晴らしい面、未来への可能性にも触れますが、
同時に人間の弱さ、未熟さを垣間見ることもあります。

こうした問題は、非難したり、蔑むことは簡単です。

正直、非難することだけなら、誰にでもできますね。

しかし、これを対岸の火事とだけ見るのではなく、
常に自分自身に置き換えてみる。

あるいは、今の社会への警告だと捉える。

そうやって、常にそこから何かを学ぶ。

社会的なニュース一つも、そうした捉え方をしていくと、
非難や蔑みではない観方が生まれてきます。

4716fd4cdfab2267cc0f20744aa1ef0d_s

繰り返しますが、誰もが精神的に追い込まれたら、
今のままの状態でいられるとは限りません。

他人の過ちであっても、それを自分に対する戒めと取る。

そういう視点も、私は、あってもいいのではないかな・・と思っています。

そして、そうした視点を失わないことこそが、
お世話になってきた人たちへの感謝を忘れず、
こうした過ちを犯さないためにも、最も大切なことなのかもしれません。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む

鈴木雅幸のfacebook
※facebookをご利用の方は、
上記ページの「フォローする」をクリックすると、
鈴木が日々配信している近況や記事をお読み頂けます。

以上