寂しさ、孤独から解放される最も確かな生き方

こんにちは、鈴木です。

私たちが辛いと感じるものには、寂しさがあります。

中でも、自分が一人ぼっちであると感じる「孤独」。

自分は孤独だと感じることは、とても辛いことです。

孤独を感じる根本は、自分をわかってもらえないという思いです。

誰も自分のことを理解してくれない。

人はそんなとき、言いしれない孤独を感じるものです。

カウンセリングに訪れる人たちも、そんな孤独感を訴えます。

ちなみに、私がなぜ、カウンセリングの事例をお話しするか。

それは、そこに「どん底から立ち上がった人たちの歩み」があるからです。

孤独に苛まれていた人が、その孤独を乗り越えた歩み。

絶望した人が、その絶望から希望を見出していった歩み。

そうした貴重な歩みの数々があるからなんです。

ですから、この歩みの中に、人が立ち直るためのカギがあります。

このカギをお伝えすることで、読者の皆さんのヒントになると考えているからです。

孤独に陥った人たちが訴える共通の思い。

それが「わかってもらえない」「理解されない」という思いです。

自分のことを周囲の人たちにわかってもらえない。

自分の苦しみ、努力、不安、様々な気持ちを理解してもらえない。

この寂しさは、本当に深い悲しみであり、絶望的な状況である。

そういっても、決して言い過ぎではないと思います。

では、カウンセリングでその悲しみ、絶望から抜け出せた人たちは、
どのような歩みをしたのでしょう。

理解されないという孤独を乗り越えるカギは、やはり「理解」なんですね。

理解されない立場から、「理解する立場」に、自分を置くことなんです。

では、いったい何を理解しろというのか?

それは、自分の置かれた状況かもしれません。

自分の周囲の人たちの捉え方、立場、思いかもしれません。

自分がなぜ、理解されないのかという「事の真相」かもしれません。

人は真実を知らないと気づいたとき、とても孤独になります。

私たちが真実を知りたがるのは、そうした気持ちがあるのかもしれません。

いずれにしても、何かが理解できるたびに、人は孤独から解放されていきます。

そうか、自分はこういう状況に置かれていたのか。

周囲の人たちにも、こんな思いがあり、こんな立場に立たされていたのか。

自分にはこんな思いがあり、こんな態度、行動を取っていたのか。

こうした理解一つ一つが、視野を広げ、冷静に物事を見えるようにしてくれます。

一つ一つ物事が見えていくことで、見えてきたものと自分とのつながりが感じられます。

孤独とは、ある意味、何も見えない、だから何もないと感じること。

自分はたった一人、この世界に放り出されたと感じる事でもあります。

ものが見えるようになると、自分の世界に様々な存在が生まれます。

自分の世界に、自分以外の出来事、もの、人の存在を感じるようになります。

その結果、孤独ではなく、自分と自分以外の存在との関係性を感じられるようになります。

人は物理的に一人でいるから孤独になるのではありません。

物理的に一人であっても、自分の中につながりを感じられれば、孤独とは思いません。

物理的に大勢の人と一緒にいても、自分の中でつながりを感じられない。

人はそういう時こそ、本当に孤独だと感じるものなのです。

何人もの友だちと楽し気に遊んでいたとしても、
その友だちと本当のつながりを感じられなければ孤独です。

一人で部屋にいても、自分以外の存在とのつながりを感じられれば、
物理的には一人でも、心の中では孤独にはなりません。

そうしたつながりを感じられるのは、周りに目を開いているからです。

周囲の状況やもの、そして人に心を開いているからです。

そうした開かれた目や心によって、ものごとや人を理解できる。

だから理解する、理解できているということが大切になります。

自分が誰かに理解されない。周囲に自分の気持ちをわかってもらえない。

そういう状況は、確かに経験することがあります。

しかし、そこに留まっている限り、厳しい言い方ですが、その先に明日はありません。

勇気をもって、自分以外の存在に改めて目を向けていきましょう。

そこに「理解しよう」というまなざしを持ってください。

同じものでも、同じ出来事でも、そして同じ人であっても、
その見え方、つまり理解の仕方が変わってくるはずです。

私たちは理解されることによって、救われるところがあります。

しかし、自らが理解に努めることによっても、結果的に救われるのです。

周囲の存在に対する理解が、最終的には自分を理解することにつながるからです。

相手を理解することで、相手と自分との関係が新たに理解できます。

相手との関係性の新たな理解が、自分に対する理解を深めます。

それが物事や出来事であっても同じことです。

つまり、私たちは自分自身が自分を理解できることで、最も救われるともいえるのです。

自分こそが、自分の最良の理解者です。

理解者を探したいのであれば、最初に見つけるべきは自分自身です。

自分が様々なものへの理解を通して、自分をもっと深く理解する。

それが、孤独に打ち克つ最も確かな生き方ではないでしょうか。

■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら

たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した

悩み別 無料心理テスト&診断

今なら無料でできます。今すぐ試してみる
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

幸せな生き方、自分に自信をもつ生き方、人間関係から学ぶ生きる知恵などをメルマガで、
あなたのスマホ、タブレット、PCに無料で配信いたします。

ご購読をご希望される方は、下記よりご登録ください。

メルマガを登録して読む