【特別集中講義】の一部を公開!

 ----------------------------------------------------------
具体的なケースを取り上げる前に、問題解決の基本的な考え方や視点をお伝えしておきたいと
思います。

先ず何か問題やトラブルが起きた時に重要なことは、事実をしっかりとおさえるということです。
何が事実として起きたことなのか。事実は何かということです。

誰かがある問題について語ったとします。その語りの中から次のようなことを一つ一つおさえ、整理
しながら話を聞いていくことが肝要です。

〜中略〜

これらを区別しながら聞いていくようにしないと、問題の所在を正確に特定することは難しいのです。
経験的な事実というのは、「○○に接して〜な思い、気持になった」という経験の世界についての
話です。

推測ならば「○○らしいんです」「○○だと思うんですよ」「○○のようなんです」といった語尾になる
ことが多いものです。

思ったことや考えたことなら、それが当たっているのかどうかを検証していくことが必要です。

では具体的なケースで考えてみましょう。

今回は小学校5年生のA君のケースを考えてみたいと思います。

問題の文章を丁寧に読み進めていってください。どこにどんな重要な点やヒントがあるかわかりま
せん。
   ----------------------------------------------------------
  ↓以下、詳細は集中講義にて↓


人間関係トラブル解決力養成講座〜A君のケース〜
たった数分で読めて何度でも使える!
特別集中講義料 1500円(税込み)
クレジットカードによる受講お申し込み
  ※簡単なカード決済ですぐ受講↑
Mastercard Visa JCB

短期速修セミナー 受講申し込み
 


どうしても見つけられなかった自分なりの
人間関係作りの答えはどうやったら見つけられるのだろう?

そんな悩みを抱えたアナタをお持ちしています。



  集中講義 人間関係トラブル解決力養成講座のページに戻る